所有からレンタルに時代は移り変わっているよね!?

レイアウトやセッテングは誰が、いつ行う?

セットや接続は?

インターネットの機器の接続などの練習を兼ねて、試運転のようなことをしておくと当日、安心かもね。
練習をしておくことで、こちらの経験値も上がるしね。
どうせなら、次のイベントにはプロとしてお呼びがかかるような腕前になっているかもしれないな、なんてことは夢物語かな。
どうしても、自分でできないという場合には、助っ人をお願いしてみようね。
何かを頼む時って、ちょっと勇気がいる人もいるようだけど、頼まれた人っていうのは、頼られて嬉しいとオムかもしれないよ。これは、私が頼られて嬉しい人間だから。
ま、イマドキの機材はそれほど、難しいことでもないと思うから、大丈夫とは思うけれど、視覚障害のある方や、何らかのハンディキャップのある人にはあ手伝いをしてくれる人が必要かもしれないですね。
ないはともあれ、一緒の楽しむ人を増やすネタの一つとしても、どなたかに頼るのもいいよね。

本番に備えて

当然、練習は必要だよね。
さ、本番に向けての練習もバッチリ、準備も万全。
当日を迎えるだけだという状態に成ったのなら、あとは、当日のイベントを楽しむだけですよね。
日本中、いや世界中で、楽しいイベントが繰り広げられたなら、平和の波が世界を覆うのではないでしょうか。
そう願って、当日のイベントやワークショップを存分に楽しみましょうね。
そうそう、記録する係の人おも万全かな。
後日に振り返って、余韻を楽しむのもいいよね。
主催者側や運営者側の人として、自分以外の人や仲間でするのなら、次回への課題なんかも見つけることができるかもしれないね。
ぜひ、個人情報を考慮の上、記録をとっておきましょう。そうそう、その記録の取り方なども機器をレンタルする業者の人がアドバイスをくれるかもしれないですね。


みんなにシェア

B!