所有からレンタルに時代は移り変わっているよね!?

どんな機器が必要かな?

機材や機器を調べてみようよ

ひと昔まえなら、紙媒体でのアナログ手法であったのが、これだけインターネットが普及している昨今、この機材を使わない手はないよね。
一捻りしなくても、写真にイラストを描くだけでも、面白いものが出来上がるとは思わないかな。
例えば、題材が一つあって、各自がそれぞれの落書きをして、みんなで見せ合うってのも面白いと思うんだ。
で、そんな時、機器や機材が必要だよね。そのイベントに必要なものをレンタルしてくださる業者があれば、知恵もいただけるかもしれないよ。
日常を楽しもうよ。
大人が楽しむ姿勢を子供やご近所の人の羨望を浴びることになるかもよ。
もしも、失敗したらって弱気な人には、失敗を経験として捉えるということにすると、次のイベントに役立てることができると思うんだけど、いかがでしょうか。

業者を選ぼう!

やりたいイベントや目的が決まっているなら、それを実行できる業者が存在するのかどうかも調べてみようよ。これって、子供の頃の自由研究のようだね。夏休みの宿題というようなあ強制的な研究じゃないのだから、自分の気持ちに素直に従っていいと思うんだな。
業者の人との相性もあるかと思うけど、まずは、業者の人に伝えたいことがらをまとめておこうよ。
そうすると、自分のやりたかったことも明確になるかも知れないよ。
口頭で説明することもいいけど、後で、「あれ?私の説明で、理解してくれているのかな」なんて不安に思うことを避けるためにも、自分が振り返りできる伝え方を考えておくのもいいかもね。
こんな準備も含めてイベントを楽しもうよ。


みんなにシェア

B!